焦らされることで、快楽を「溜める」という考え方

快楽責め、焦らし効果

私が行う性感マッサージでは、いきなり乳首や性器を触る事はありません。

腰、でん部、肩、脇、脚、腕、指、などの全身を軽いタッチ(アダムタッチ)でさすっていき、股の方に手を伸ばしても、局部にはすぐには触らず、その周辺をほぐしていきます。

ひたすら焦らし続けると、女性が「触って!」と言ってくることもありますし、時には泣きそうな顔をして懇願する方もいらっしゃいますが、Sの私からすると、余計に燃え、様子を観ながら焦らし続けることになります(笑)。

こうやって焦らし続けた後に、局部を触ると、女性は大声を上げ、ビクンビクンと、びっくりするような反応をすることがあります。

焦らしで我慢した分、快楽が大きいため、より深いオーガズムを得る事ができる、というわけです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る